FC2ブログ

野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Archive [2019年07月 ] 記事一覧

今年も夏の陣

 梅雨が明けましたが、畑は作物が雑草に埋もれんばかりとなっており、取分けハンシレンやツボクサを栽培している下の段は完全に草原状態です。  草刈機でなぎ倒す他はありませんが、体の衰えた私に、もはや長時間に渡って刈払機を振り回す力はありません。そこで自走草刈機の出番となりますが、走行ギヤが入らなくなりエンジンは動き、刈刃は回るが前に進まない。   修理に出せば良いのですが、ギヤボックスを開けるとなると...

大阪行

 行ってきました、大阪へ それも阪大豊中キャンパスのトンボ帰りで、食事も大学博物館を見た際に喫茶コーナーで摂っただけ 何か、歳を取ったら外への関心が少なくなって寄り道をしようとする意欲が起こらない  行ったのは、農林水産省委託プロジェクト研究「薬用作物の国内生産拡大に向けた技術の開発」公開セミナーで参加者は50名位? ザッと見た所で参加者は学生(殆ど院生?)、企業や大学の研究者、薬草生産者がそれぞ...

安楽越

梅雨の隙間を狙って今日も罠の見回り。 雨は止んでいても下草は濡れているので、山に着くとズボンを脱いで雨合羽に履き替へる。今の季節だとズボンの上から履いても内からの汗で合羽の用を為さないからだ。  シダを掻き分けて進んだ先に灌木へ自らを縛った様に鹿が死んでいた。雨も降って気温も低いのに、猪も鹿も動けなくなると呆気なく死んでしまう事がある。証拠の写真を撮り、少し引きずり降ろして風倒木の根の裏側に出来た...

雨の中の猟師

 ♪そぼ降る~雨に濡れてゆく、お前の背中が~寂しげで~  しかし、老いた猟師の背中を抱く人は誰も居らず、雨合羽を数匹の山ヒルが這い上がって来るばかりである(^_^) 今日も雨中の罠周り、写真は霧雨に煙る新名神安楽川橋。   しかしその努力、天知る、地知るで山の神は1頭の雄鹿をお恵み下さいました。 久し振りの鹿で、早速ジビエ業者さんに連絡をしてお引き取りを頂く。埋設作業をしなくて済むから、いつも無料提供だ...

山の恵み

今にも泣き出しそうな空の下、頂を雲に隠した西の山へと車を走らせる。 我らが定年同志諸君の中で、「俺も一緒に行くよ」といつも奥様と行動を共にされる仲の良いご主人を濡れ落ち葉と言うそうだが、リアルな濡れ落ち葉は、ベトベト足に付くばかりでなく斜面では滑り易くて危険で、一歩ずつ踏みしめて山を登った。  笹やシダの茂みを抜けると長靴やズボンには何匹ものヒルが吸い付き、低い茂みの中を背を丸めて進み、首が痒いと...

豚コレラが接近

 この所、鹿を狙って奥山に罠をかけているせいか鹿が続きましたが、久し振りに小型ながら猪が罠に掛かりました。鹿は殆ど三重ジビエ認定の猟師さんに現場まで引き取りに来て頂いていますが、夏の猪は脂が無いので人気が低く、規定通りに埋設処理となります。   三重県へもついに豚コレラが侵入してきたので、誤解を避ける為に丁寧に埋設を行いました。燻製にするには脂が無い方が良いし、バーベキューには美味しいのですが、畑...

西瓜泥棒を捕まえてやる!

クヤシィー 大事に育てていた西瓜が7個もやらました。足跡から推測すると犯人はハクビシンかアライグマでしょう? 1週間ほど前にトウモロコシがカラスにやられて壊滅状態になり、西瓜も突いた跡があったので、両方に網を被せたのですが、西瓜の方はどうやらカラスは冤罪だった様です。 カラスと思って網を対空仕様に張ってあったので、地表際の隙間から侵入して食べ放題の狼藉。 写真をご覧になって頂くとお判りの様に、齧っ...

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR