FC2ブログ

野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Archive [2018年11月 ] 記事一覧

又しても

 ネットで猟師仲間の報告に少しばかり焦りを感じております。 今日も今日とて、鹿が掛かっていたものの前の猪と同じで、自分で自分を木に縛り付けて死んでおりました。木を抱かえる様にワイヤーで両方の前足を絡ませ、横倒しになって起き上がれなくなり死んでしまった様です。 発見時間は昼のサイレンが鳴る少し前で、死後硬直をしている事から、3時間以上前に死んではいるものの、狐や狸など野獣による食痕が見られないので、...

イボツヅラフジ収穫

イボツヅラフジ(学名 Tinospora cordifolia)を収穫しました。 東南アジア原産の蔓性植物で、日本では林縁でよくみられる生薬名を防已(ボウイ)と呼ばれるツヅラフジの仲間です。  これの栽培に昨年から取り組んでおり、タイから挿穂を持ち込んで貰って挿し木をしているのですが、昨年は発芽に失敗したものの、今年はその反省を生かして10余本を育てる事ができました。  問題はどう冬越しをさせるかです。石垣島でアーユ...

残念な初獲物

 街道祭りで出遅れた今年の狩猟ですが、やっと猪を捕獲、所が残念、死んでおりました。 括り罠で使うワイヤーの長さは3~4mあるのですが、大きな猪が掛かってそのままで走り回られると槍で突くのは難しいし、何より怖い(^_^) そこで樹木が多くある所に罠を掛け、ワイヤーを木に絡めさせて動ける範囲を狭めて棒で頭を叩いたり槍で突きます。  今回はワイヤーが絡まり過ぎて不自然な体勢で木に縛られて身動きできなくなり、...

小春日和の畑で

雲一つ無い青空から降り注ぐ晩秋の陽は柔らかく、刈り残されたホーリーバジルが畑に芳香を漂わせます。 3角ホーでニンニクの草を削っていると、背中にうっすらと汗を感じる気持ちの良い農作業日和。 今日も援農に来てくれたAさんは無農薬で、化学肥料も嫌ってヒジキの滓やボカシを使っていますが、Aさん主導の作物は草除けのビニールマルチすら使わせてくれません(^_^)  収穫の秋と言う事で、残っていたフタバムグラを刈り取...

関の街道祭り

昨日は関の街道祭り。これまでは祭囃子を背中で聞いて畑で鍬振る俺らが秋でしたが、作るばかりも脳が無かろうと、今回は畑の前の家の街道側軒先を借りて販売をしてみました。  人生も残り少なくなったので、今までの薬草栽培を世に問うべく、これからは積極的に外に出ようとの方針からの小さな一歩です。売上は僅かでしたが、我が薬草人生劇場第2幕の始まり始まり。  販売したのはバタフライピーとステビアにホーリーバジルの...

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR