野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Archive [2017年08月 ] 記事一覧

ささやかな反撃

 山へ向う空にも秋の気配が漂い、車窓に広がる田圃も半分は刈り取られています。今の季節は獣たちが稲を狙って集まって来るので罠は山が田圃に接する近くに設置しています。その前は川や池等の水に近い所、更に前は孟宗竹の茂る近くなど、季節に合わせて罠を掛ける場所を変えている。  お婆さんとお孫さんが昼の陽中に花火を上げて侵入者を追い払っていた田圃は更に侵略されていますが、そこから近くの杉林で鹿を捕まえました。...

夏の薬草

 このところ狩猟関係の話ばかりを書いておりますが、薬草栽培を放置しているわけではありません。まあ手抜をしているのは確かですが(^_^; お陰で北方系は壊滅状態です。今年、新たに畝を作って栽培をしたミシマサイコ全滅、センキュウ壊滅、サドオケラ半減。 南方系は放置栽培でも死ぬことは無いようです。 じねんファーム(鈴鹿山麓自然生村)と言えば先ずはアシュワガンダでしょう。、栽培歴十数年の老舗(^_^)であり、今年も...

罠増強

 鈴鹿山麓ではすっかり夏がぶり返してきた感じです。 平年よりは1週間程遅い気がしますが、早い所でやっと稲の刈取りが始まりました。  有害獣駆除としてはここが勝負所で、大きな猪を捕まえて農家の方に「仇は俺が取ったぜ!」と見栄の一つも切ってみたい所ですが、世の中はそんなに甘くはありません(^_^) それでもメス鹿が1匹掛かっていました。鹿だって田圃を荒らすのは同じですが、やはりアピール度が違いますね。  ...

隠密猟師

 前に書きました様に、JR西日本からの要請により線路に立ち入って列車の運行を妨害する鹿を罠で退治する事になりそうなので加太地区に2度目の偵察に行ってきました。 罠猟は罠を掛ける場所だけでなく、その地域全体の地形や植生を理解し、動物の行動を大まかなりにも理解する必要があるのですね。 実際に猟を始める前に何度か山へ通い、地形や獣の足跡を見つけてから罠を掛けようと考えています。今日も山中を彷徨ってきまし...

風雲小川城

当地では平年よりやや遅れ気味ですが稲刈りがはじまりました。そんな風景を歯ぎしりを噛みしめてみて見えるのが獣害に遭われた農家ではないでしょうか?最初の写真は前に載せた地獄谷の田圃の今日の姿です。隣の田圃の方が予言した通り、この田圃からは全く収穫が出来ません。 猪は不思議な行動を行い、一度荒らした田圃には集中的に攻撃を行い、隣の田圃の稲がたわわに実っていても、それを襲うでもなく、始めに侵入した田圃を何...

次期の準備

 ヤフオクで落札したクレーンスケールが届きました。軽いチェーンブロックは無いかとヤフオクを見ていたら、これがあったので「獲った鹿や猪の目方を量れるジャン」と5000円までなら出せられると入札したまま忘れていたら3100円で落札できました。送料を含めると4000円程です。 新品だとその10倍はしますが、もう日本では製造中止の在庫限りでみんなデジタルになっていて値段も20万円前後する。160キロまで量...

雨中の血戦 再び?

 昨日、罠の見回りをしていると、先週猪が掛かっていた場所から30m程離して掛け替えた罠に猪が掛かっていた。 有害獣駆除だから殺して埋めれば8000円は出るのだが(猟友会が1割取るので手取りは7200円)猟師としては獲物の命を貰う以上は食べられてこそ供養だと思っている。  と言っても我が家の女房殿は家に持ち込むのを嫌い、肉は別にしてある冷凍庫に詰まっているのだが、偶に自分で酒の肴に肉を焼くぐらいなの...

槍と剣鉈を研ぐ

 今日はお盆だからと言う訳ではありませんが、何となく気が乗らなかったので、臨時休業(^_^)山にも畑に行かず、外出はヤフオクで落札した支払いのため近くの特定郵便局へ行っただけです。 本を読んだりネットを見たりでゴロゴロしていましたが、夕方になって前回猪を仕留め、布で拭っただけの槍と剣鉈を研ぐ事にした。 1枚目の写真がこれで一番上が槍の柄です。長さ3mの組立ラック用パイプで中に竹竿を補強に入れてあり、穂...

今日も獲物無し

 山も立秋をすぎたせいか木立を吹き抜ける風にもどこかに涼しさを感じます。 シワシワと騒々しく泣いていた蝉も、気が付くとカナカナと哀調を帯びたヒグラシの声が山を包み、樹林を抜けて道に出ると陽は既に傾いて、山の端を影で際立たせている。 獲物を得ないまま家に帰る猟師は虚しい(^_^)  うーん、獲れません。お盆休みの世間に背き、今日も罠を見回りますが、月も半ばと言うのに未だ猪が1匹だけ、8月は少ないだろうと...

鉄路を守れ

 鉄路を守れ!山野に潜み鉄道襲撃を繰り返す敵を駆逐殲滅せよ! 南満州鉄道を襲う匪賊討伐に向かう関東軍の話ではありません。JR西日本から猟友会に鹿の駆除の依頼があったようです。 幸い未だ人身事故は起こっていませんが、増えすぎた鹿や猪が線路内に侵入し列車と衝突して列車を破損させたり、事故による遅延など様々な問題が発生しているので線路近くで活動する鹿や猪を退治してしまおうとの話の様です。 詳しくは9月初...

地獄谷悲話

先日猪を捕まえた罠も修理を終へ、車に積んでは新たな戦場(^_^)を求めウロウロしておりました。 田んぼの畔で草刈りをしてみえた方に「罠を掛けとるんやけど、猪の出とるとこはないかな?」と聞くと「あそこに猪が入って荒らされた、あれではもう今年は取れんやろ」と案内されたのが最初の写真で、稲がかなり実っている為に、電柵を潜って田圃の入った猪は稲を歯でしごいて壊滅状態にしています。 「今度はうちの田圃が狙われるの...

雨中の血戦

  やはり降ってきたか朝から降ったり止んだりの空模様だったが、雨が止んでいる間に仕留めようと棚田の跡に桧が植えられた所を登っていると辺りが暗くなり、大粒の雨が落ちてきた。  昨日、罠に小型の猪が掛かっているのを見つけたのだが、仕留めの得物は山芋堀と剣鉈しかなかった。20センチ程の木が疎らにあるだけでワイヤーが絡みつく物が無く、猪は直径7~8mの範囲を自由に走り回っており、小型とは言え1m50の山芋...

有害駆除の報奨金

 夜来の雨は上がったものの、雨で柔らかな畑に出る気も起らなかったので小説を読んでいると「ピンポン」と玄関のチィムが鳴った。 誰も出ないので仕方なく玄関を開けると猟友会の福会長の顔があり、予告無しではあるが「待ち人来たれり」だ。 「駆除のお金を持ってきたので署名と印鑑をくれ」との事で、銀行の封筒を貰い、109800円の金額と名前が書いてある欄に署名して印鑑を押す。  4月から6月までの有害鳥獣駆除の...

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR