野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Archive [2017年03月 ] 記事一覧

半枝蓮(ハンシレン)の草取り

 温かな日が続き、各地から桜便りが聞かれますが、当地では車を走らせても桜を感じるまでは至っておりません。 そんな春の陽気の中で、毎日畑の草取りをしています。半枝蓮の畑で雑草を手で引き抜いているのですが、今日で4日目なのに、写真の通りに全く捗らず、手前側が済んだところで奥が未だの所。 面倒ですが、きっちりと草取りをしておくと、初夏には2番目の写真の様に若芽が出揃い、3番目の様な花が咲き誇ります。そし...

有害鳥駆除の認可を受けました

 猟友会の班長さんから、有害鳥駆除従事者認可が下りたので許可証を取りに来てほしいとの電話があったので早速受け取りに行きました。 亀山猟友会全体で4月1日から9月30日の間に猪65頭、鹿100頭、猿100頭、カラス10羽、ドバト20羽の捕獲許可です。 罠は一人3基までなので、罠に付ける札が3枚付いていました。 個人的には目標を月平均3頭の18頭としますが、達成しなくてもだれからも責任追及はされません...

ミニ・ビニールハウス完成

 ミニ・ビニールハウスが完成しました。始めたのは先月でノラリクラリと一月近く掛かってやっと完成です。 本当は12月初めにはやるべき事なのに、猟にかまけて遅れに遅れて春まで伸びてしまいました。お陰でそれを狙った訳ではありませんが、当、鈴鹿山麓では南方系の植物のいくつかは路地越冬が出来ないとの極めて痛いデータを得ることが出来ました(T_T)  黒ウコン・黒ショウガ(生姜科 学名Kaempferia parviflora)タイ名...

武田薬品(株)薬用植物園jへ行きました

 今日は鈴鹿医療科学大学の岩島教授のお世話で、手配をして頂いた伊藤グリーンさん、三重県農業研究所花木センターのオネーサン研究員、そして私の3人が鈴鹿医療科学大学薬学部の学生さんに紛れ込んで(^_^)、武田薬品工業(株)京都薬用植物園の関西や北陸の薬学生を対象にした薬学研修会に参加してきました。 内容は1・「シャクヤク」と「センキュウ」の収穫と加工体験2・園内見学3・採取したシャクヤクを使ってのTLC実験で...

包丁研

 猟期も終わったので、今日は解体に使った刃物を研ぎました。私は解体はハンティングナイフを使わす、専ら肉屋さんが使う包丁を使っています。 左側はすべて骨スキ包丁と呼ばれる骨から肉を切り出す包丁で、上から2本目が地元の鍛冶屋さんに打って貰った白紙割込みの東型、3本目が関の業務用刃物で知られるミソノの西型スェーデン鋼、他はすべて肉屋さん御用達の南常(やはり関の業務用で有名な正宏別作と同じ物らしい)で自分...

猟期終了

 今日、3月15日はお釈迦様の亡くなった日ですが、当地の狩猟最終日でもあります。朝から雪交じりの小雨をついて最後の罠を撤収してきました。何日、何処の地区で、何を、何匹獲ったかの報告書を書いて猟友会に出しますが、今季の猟果は猪11頭、鹿11頭でした。鹿は1頭づつでしたが、猪は1日2頭獲れた日が3回あります。逆に考えると括り罠で猪が獲れるのは限られた条件があるのかもしれません。「鈴鹿の山に雨が降る」と...

最後の鹿

 先日の鹿が最後だと思っていましたが、僅かに残した里の罠にまたもや大きな雄鹿が掛かっていました。暖かくなったので鹿の活性も高まったのでしょうか、その後地元猟友会の会長に出会ったので聞いた所、今日、会長達のグループは何と鹿を10頭、猪を1頭仕留めたとの事でした。 写真は仕留めた鹿を軽トラに載せる所です。幸い、道路に近く、道路より上の罠だったので、斜面を滑らせ、ローラーコンベアで車に引き込みました。 ...

女鹿を叩く罪の深さよ

 寒の戻りも昨日までで、温かな春の日差しを受けて、前回に外し残した山に掛けた罠の撤去です。 先ず初めに一番新しく掛けた最奥の罠に行くと、雌鹿が掛かっていました。 谷の出会いで、山から獲物が平地へ出ようとすると通るはずの場所です。残念ながら狙いの猪ではなく鹿なのが不満ですが、読みが正しかった事は嬉しい(^_^)  可愛い顔をしており、殺すのは不憫ですが、鹿が増えすぎて日本の生態系や自然景観までもが乱れて...

今季最後の猪か?

 ここ鈴鹿の山麓では昨日から寒の戻りで寒い西風が吹きつけ、時には霰や雪も舞う真冬モードとなりました。 こんな日は当然に猟師の血が騒ぎまして、武装を整へイザ出陣! と、言っても猟期はあと一週間なので、里の方から順に罠を引き上げていきます。山からは遥かに離れており、鹿は居ないだろうからと猪を狙って罠を掛けたのに、結局獲れたのは鹿が1匹だけで猪は大嶽丸を取り逃がした猟場でしたがオーラスで山の神のプレゼン...

チップ作り成功?

 今日はサボリの日(^_^;   山にも畑へも行かず、朝から喫茶店に行き、家でネット。 女房が家に居るなら庭木の手入れをしろと煩く言うので、伸びすぎた樫の枝を切ったのだが「これをチップにして燻製を作ればよいのでは」との考えが浮かび、枝を2本だけ切ってチップ作りの方に夢中になった(子供かい) 葉の付いた枝を払って棒にしたところを鉈で斫って行く。最初は調子良く切って行くのだが、やがて腕が怠くなり、チップは全然...

ひなの市

 温かな日曜日で、こんな日は我等が山の神もきっと里に下りてきているに違いないと、今日は狩猟ではなく畑で農作業。 表通りは「関宿ひなまつり市」と言う事で何時になく賑わっております。 畑の前のおっちゃんが言うには3000人ぐらいの人出を予想しており、そのうち1000人はJR東海の「さわやかウオーキング」とのタイアップによるのだそうです。そう言われると、この写真の方々もそんな足拵へですね。 1本裏にある...

猟期もあと10日

 鈴鹿の山にやわらかな春の雨が降りました。しかし稜線の雪は未だ消えていません。写真は野登橋から150ミリの望遠で撮った御所平。写真の腕は下手です(^_^;  山で偶然に猟友会の班長さんに会いましたが、自然保護監察員もしているとの事で、野登山へ車で登ろうとしたら、道はかなり下まで雪が積もっていて走れず、カモシカを見かけたそうです。 普段の生息域には雪があるので、餌を求めて降りてきているのでしょうね? 保護...

長命草の種来る

昨日、突然に石垣島でメディカルハーブを栽培され、アーユルベーダー関係者の間では広く知られているモダマ工房さんからボタンボウフウ=長命草の種が届きました。 セリ科の多年草で栄養価が高く、1株食べれば1日長生きできると長命草の名が付いたと言われ、資生堂が美容健康食品として日本最南端の与那国島で栽培を始めてから一挙にブレークした感じです。  時々畑を手伝ってくれるAさんがこれにご執心で、瀬戸内海から紀伊...

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR