野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Archive [2017年02月 ] 記事一覧

残りの福を期待して

 ♪人みな花に酔うときも 残雪恋し山に入り・・山男と違って生活が絡む猟師は山に入ったからと言って涙を流しませんが(^_^)春の山に入ると老いた体にも生気が湧く思いがします。 明日から三月と言う事で、猟期も残す所半月となりました。獣たちも春の陽気で活動が活発になる為に罠にも掛り易くなりますから、残された半月に何とか2頭を捕らえるべく、今日は罠の配置替へです。 周りに足跡の見られない罠を撤去し、新しい足跡の...

ツボクサ畑の草取り

 昨日は農への暖機運転と言う事で、今日から本格的?な畑作業。先ずは草取りから始めます。 写真は今年から何とか機能野菜として売り出したいツボクサ畑。ツボクサは南方系なので如何に冬を越すかが課題ですが、広島の本家が色々なシートを被せて越冬試験をやってみえるので、うちは何も被せない方法を試しています。 本当は不織布シートのいベタ掛けをしようと購入したのですが、狩猟にかまけている間に霜を受けて全部地上部が...

エンジン始動

今日は1週間ぶりに畑に行く。 いつも獲物や安全を祈っている山の神は春になると山を降りて田の神になると言うが、こちらもそろそろ農作業に精を出さないと、栽培時機を逸してしまう。  温かな日だったが、急には農作業へギヤチェンジする気が起こらず、昨秋購入し畑にシートを掛けて放置したままのトレンチャーを修理する事にした。不動のジャンク品として安くヤフオクに出ていたので、あれば役に立つのではと衝動的に落札した...

猪2匹

 鈴鹿の山に雨が降った未だ止んではいないが「春雨じゃ濡れて行こう」と雨と霧に煙る西の山へと車を走らせる。月形半平太には程遠い爺さんだが、気分は回天に奔走する若き志士(^_^) 1ヶ所、2ヶ所、濡れた落葉が罠を隠すだけで、獲物の姿は無い。場所を移して先日罠を掛けた山裾の罠へ行くと、イター! 逃げようとして掘った穴に水が溜まり、泥まみれになった猪がワイヤーの絡んだ木を揺さぶっているではないか。 すぐさま車...

山渓早春

 今日も山へ行く。里に掛けてあった罠を一つ奥へ掛け直した。 相変わらず獲物は無いが、それで良いのである。美しい風景の中に入り込んで、どう獲物を罠に掛けようかと獣道を辿るのは楽しい。獲れる獲れないは山の神の思し召しであり、次は獲れます様にと手を合わせた。 豊かとは言えないかもしれないが暮しに困る事は無く、誰にも強制されずに自由な時間を過ごす。今が人生で一番幸せな時なのだろう。この幸せを支えているのが...

今日も空振り

 畑で春の準備をしなければいけないのですが、風が冷たいので今日も日和見です(^_^; ウダウダと過ごしておりましたが、せめて体は動かそうと2時過ぎから重い腰を上げて罠の見回りに。 しかし、掛りませんねえ。2か所で空弾きがあっただけで、獲物を括る所まではいっておりません。 まあ、鹿や猪も命懸けですから簡単には掛からないでしょうが、それでも今年は特に獲れない。 先日、猟友会の会長に今年も有害獣駆除メンバー...

護摩修行

 畑には行ったものの、車から降りると風が冷たくてやる気が萎えてしまった(^_^; そこでお雛様が飾られている表通りをブラブラしていると、関地蔵院の境内で何だか人だかりがするではないか。 人混みを分けって行くと、しめ縄で結界が張られ、その中で何人もの山伏姿の人がいた。 奥に回ると、「関地蔵 大護摩修行」と張り紙がしてあり、キョロキョロしていると「どうぞ」とおじさんから紙コップに入れられた甘酒を勧められた...

剣鉈磨き

 昼過ぎより雨の天気予報を受けて、早めに罠の見回りを始める。僅かに残る峰の雪もきっと消えてしまう事だろう。 何れの罠も残念ながら変化無しと言う事で、里の罠で掛かりそうにない3基を山裾へ移動した。猪を狙っているのだが恐らくそのうちに鹿が掛るはずだ? 中途半端な時間だったので、帰宅すると先日猪を刺した後の研ぎで黒皮を剥いで磨きに変えた剣鉈の研ぎの続きを行う。 荒砥、中砥、仕上砥、水ペーパー、ピカールと...

お雛様の裏側で

 今日は午後より関の畑に現在関宿では「東海道のおひなさま」と称して、街道に面した家々がお雛様を飾り、通りを行く人が見て歩ける様になっています。そんな華やかさとは関係無く、寒風に晒されながら畑でアシュワガンダを掘り上げました。これに続いて明日から地黄やトウキ、ミシマサイコなどの根系薬草を掘り取る予定です。 本来はもっと早く掘り取るべきところですが、獲れもしない狩猟にかまけて遅れっ放しとなっております...

今日も獲物無し

 今日は午後より罠の見回りです。山影の林道には雪が残り、おっかなビックリで運転をしましたがその苦労は報われず、里の罠にも山裾の罠にも変化は見られません。 写真は雪に煙る県境稜線。いかにも獲物が居そうですが、あそこは鈴鹿国定公園なので、中央に白くみえる新名神安楽橋より少し向うから奥は禁猟区となります。 それじゃ禁猟区の際へ罠を掛ければ良いのではないか?ハイ、その通りですが、禁猟区以外は自由に猟が出来...

平之沢城攻略

 午後から久しぶりに関の畑へ赴きました。やはり山に近いせいでしょうか、自宅を出る時は照っていたのに、関の空は曇り車を降りると小雪が舞っています。 とても畑仕事をする気にはなりませんが、はてどうするか? 罠の掛変へに山へ行くには中途半端な時間です。そうだ、ここからなら然程遠くない金場へ行こうと、平之沢城を探す事にしました(^_^)  金場へ行くと、丁度お婆さんが自宅から出て見えたので、平之沢はどこですか?...

寒さに負けた

大雪注意報が出ていたので覚悟していましたがそれ程ではありませんでした。 罠の掛変を予定してましたが、寒くて退散(^_^) 罠は繁みの少し向うと正面の山裾にあります。...

河内行

 先月の話ですが、金象印の収穫台車、ベンリーカーがヤフオクに出ていたので、さして必要でも無いのですが衝動的にポチしてしまいました。引き取り限定だったので応札者が2人でポチした値段から上がらずそのまま落札(^_^; で、行ってきました南大阪の岸和田。但し、市街ではなく阪和道貝塚インター近くの山の中でして、自宅から2時間弱で到着しました。あの辺の農家は石垣に白壁を巡らして立派な門を構えた城の様な豪邸が多い...

摺上

 今日は朝から霙で寒く、とても外へ出ていく元気が湧きません。そこで先日、竹竿に付けて猪を仕留めた剣鉈を研ぎ始めたのですが、黒打ち仕上げの所に幾つかの傷が付いていたので、思いっきり磨きに変更しようと、荒砥石で黒皮を剥がし始めました。 黒打ち仕上げは荒っぽさが売りですから、表面が凸凹している為に砥いでも砥いでも美しくならず、そのうちに手を切ってしまったので途中で止めました(^_^; 写真は前に撮った黒皮付...

久し振りの猪

 夜来の雨は明け方過ぎに雪へ変わって少し重そうな雪が降りしきる。山へ行くつもりで家を出たものの、年寄りが体を冷やすのは良く無いと決め込んで喫茶店へと車を入れた。 店はいつもの如く年寄ばかりだが、中でも一番の歳嵩と思われる人が「**の奥で箱を見つけ、開けたら古い札が一杯入っていた」と話し出す。100円札が多かったが5000円札も2枚入っており、銀行に持っ行って聞いたら、今でも使えると教えてもらったと...

鹿しか獲れん

 遠くの頂上に雪は残っていても、分け入って進む冬木立には柔らかな陽光がさし込みます。照らされた獣道には長く落葉が続き、その下に隠された罠は活躍する機会を得られなかった事を物語っています。  うーん、獲れん。山の方に罠を掛ければ鹿は獲れるのですが、狙いの猪は掛かりません。それではと鹿を避け猪狙いで里の方に罠を掛けてみてもやはり鹿が掛ります。亀山市では少し繁みが続く場所には鹿が居ると思っても間違いは無...

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR