野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Archive [2016年04月 ] 記事一覧

忘れ草

♪別れても 別れても 心の奥に いつまでも いつまでも 憶えておいて欲しいから一人畑で「忘れな草をあなたに」を歌いながらワスレグサを植えておりました(^_^)  歌の忘れな草はムラサキ科で原名はforget-me-notですが、こちらの方は中国で忘憂草と呼び、忘れようとする草ですから意味が正反対ですね。   ボケの始まった爺さんに「私を忘れないで」は無理な注文というもので、こちらの方は開花直前の蕾が薬膳料理でよく使...

亥の胆

 今日は先日取った猪を発送しましたが、小振りだった為に目方が少なく、保存してあった肉を加えました。人間様が食べる脂ののったロースも犬用としてキロ500円になってしまいカワイソス(^_^;  そして、今回は初めて猪の胆に挑戦してみました。熊の胆には及びませんが、昔から結構使われていたそうですね。熊の胆と同じで胆嚢に入ったまま胆汁を乾燥したもので、それを米粒ぐらいの大きさに削って飲むのですがメチャクチャ苦...

初仕事

 うーん、熊本地震はニュースで見ていても辛いですねぇ、1発ドーンと来て終わりならともかく、これでもか、これでもかと大地を揺さ振られるだから、被害者の方たちは生きたここちがしないのではないでしょうか?  不謹慎を承知で書くと、一定程度の災害は復興過程で有効需要を創出して経済効果をもたらしますが、東北地震の復旧も途上の今回の熊本地震は日本経済にとって、資源の適性配分に支障をきたらして国力の衰退を招かな...

期待外れ

 「鈴鹿の山に雨が降ると鹿が死ぬ」古くから鈴鹿の山里で語り継がれた言い伝えである(ウソ^^)  昨日は一日雨が降り続けたのだから、今日こそ鹿は死ぬはず。磨き上げた槍を携えて山へと向かった。しかし、期待虚しく、いずれの罠にも鹿や猪の姿は無い。 括り罠3基では少なすぎる(T_T) 新しい足跡はあるのだが、罠へとは続いてこない。下手な鉄砲ならぬ、罠だって数を掛ければ掛ってくれるのだが、広い山の中で3つしかないワッ...

獲物の予兆?

 有害駆除が始まって6日目ですが、まだ1匹も捕獲していません。やはり括り罠3基では厳しいですね。 それでも今日は1基が空弾きをしていました。写真では判りにくいかもしれませんが、罠が虚しく転がっています。 設置場所から少し移動していますから、完全に足を括れないまま足から外れたのでしょう。  まあ2度ぐらい空弾きをして何とか1匹を捕まえるぐらいですから、空弾きはそこを獲物が通っているとの証明であり、掛...

有害鳥獣駆除開始日

 今日は4月1日、年度初めの日で、会社などでは入社式が行われた事でしょう。もちろん私には待ちかねた有害鳥獣駆除の開始日でありまして、小雨を突いて勇躍出陣(^_^)  わずか半月ですから差ほど周りの景色は変わってないはずですが、小雨のせいもあってか久々の山行に感じます。 途中で道路脇に設置してあった某氏の豊田織機テストコース関連罠を覗いてみると撤去してありました。工事が始まるので、設置していた20基全部...

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR