野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Archive [2015年04月 ] 記事一覧

鹿花が咲いた

 マラルルートの花が開きました。恐らく本邦初公開(^_^)マラルとはシベリア赤鹿を言うらしく、それが食べる根との意味のようです。北方狩猟民にとって鹿は特別な生き物の様ですから、その名を冠している特別なアザミなのでしょう?何れにせよ、鹿の名を持つ植物が、鈴鹿の山裾で花開いた訳だから目出度い(^_^)この花から種が実り、それが発芽して更に花が咲き、この地で定着すると良いのだが?...

錨草

イカリソウの花が咲きました。いささかピンボケですが形が錨の形をしています。その昔、中国で羊がイカリソウを食べて、百回以上交尾したとかの話から淫羊霍と名付けられましたが、現代ではイカリソウの有効成分であるフラボノール配糖体のイカリイン等は薄いけれどもバイアグラと同じ作用をすると究明されています。こんな有難い薬草ですが、岐阜薬科大の研究では北米原産のアメリカイカリソウが一番有効成分が多いそうです。しか...

翁の髭

女房が「オトーサン見て」と呼ぶので、テレビを見ると「サンデーモーニング」で翁草が取り上げられていました。「うちの庭にも一杯あるよ」と答えましたが、我が女房は庭の薬草類には関心が全くありませ(^_^)  我家の翁草もテレビで取り上げられていた栃木県の塩谷町に住む方から種を頂いて増やした物です。 日光の翁草は今が花の盛りのようですが、鈴鹿は既に花は終わり将に翁の髭状態ですよ。前に書いたように、翁草を飯沼慾...

恋アザミ

♪山には山の愁いあり 海には海のかなしみや恋焦がれていたあざみの花が咲きそうです。「こころの花園」にではなく関の薬草畑に(^_^)  マラルルート(Maral root)と呼ばれるウラル山脈の山裾が原産のあざみの一種です。10年程前から断続的に栽培しているのですが、初めて花が咲きそうで嬉しい(^_^) 未だ蕾の写真ですが、恐らく国産マラルルートの開花(未だ咲いてない)がネット公開をされるのは初めてだと思います?  発芽...

ツボクサのポット作り

 雛菊「月様 雨が」 月形半平太「春雨じゃ 濡れて帰ろう」バカヤロー こっちは濡れっ放しで仕事になんねー 苗は根腐れじゃー今年の春雨は異常ですね、雨は無情と言うけれど、さすがに今年の春の雨は辛い。 そんな雨の間を惜しんで(ウソ 止んでた時に喫茶店でサボってた)、今日はツボクサのポット植をしました。 壺草はインドの伝統医療アーユルベーダーで若返りに効果があるとされます。アシュワガンダが精力を高めるの...

雨の間の種まき

 また日曜日から雨の様ですが、束の間の晴れを利用して遅れっ放しの種まきと、商品発送です。 いつも、ミニ・ビニールハウスで育苗をしますが、今年はビニール張をサボってしまったので、露天での種まきです。雨はやはり良く無いので、暇を見つけてビニールを張りたい、ちゅうか遅すぎだろ(^_^; 南方系が多いので、ボタン桜が散った頃を目安にしていますから、ちょいと遅れた程度ですね(ホントカ?)ハウスで早く発芽しても気...

雨の中の薬草

 春なのに梅雨の様な日々が続いています。「土方殺すにゃ刃物は要らぬ 雨の3日も降れば良い」と言われておりますが、天を仰いでは降りしきる雨を呪う方も多い事と思います。私もそんな一人で遅れている畑作業を更に阻む雨を恨み、多雨過湿で根腐れしたオタネニンジンの苗を抜いては涙しています。  苗で購入したオタネニンジンは半分程が根腐れを起こしてしまいましたが、写真のように種の方は何とか発芽中なので、降雨による...

猟友会総会

 昨日は、我が故郷のお寺で鳥獣慰霊祭と猟友会の総会がありました。いつの頃からか、副会長で今期から会長になった小中高と同級生が仕切る様になっているようで、例年お馴染のお寺で行われ、寺の下の道路脇には鳥獣慰霊碑が立っています。 彼は父親が創業した地場産業の美術ローソク会社を引き継ぎ、今はそれも息子に譲って猟友会活動に身を入れており、猟友会役員会も彼の会社の食堂でやっているとか。子供の頃からガキ大将でし...

小雨の薬草採取

 ツボクサ苗の注文を頂いたので、そぼ降る雨の中を採取に行きました。ツボクサは畑でも栽培していますが、畑は適地ではない為に今の季節はまだロゼッタ状態で小さい為に、水辺にある大きな物を採取するのです。 ノブドウとアマチャヅルがあったのでこれも採取し、さらに行くとノカンゾウの小さな群生を見つけた! 今の季節ならこの根本を生のまま酢味噌をつけて食べるととても美味しいそうですが、注文があった時に採取するために...

地黄の調整

 昨日今日と、先日掘り上げてきた地黄の調整です。地黄は遅くとも2月には収穫を終えなければいけないのですが、なんやかやと遅れてしまい、植付が迫っての掘り起しとなりました。  野菜は収穫してからの調整が面倒ですね。とりわけ根菜類は土を落すのに苦労をします。地黄は掘り取ったら洗う前に直径0.5センチ以上の荒ジオウと、それ以下の物や頭部・古株の刀(ナタ)ジオウに分けます。ナタジオウも利用されていましたが、...

ミシマサイコの種を播く

昨日は地方選がスタートをしましたが、地主さんが県議選に立候補をしたので、一宿一飯の恩義ならぬ、畑を無料で借りている恩義に報いいるべく、ポスター貼りをしました。 二人一組になってポスターを貼りましたが、相棒は、千葉の幕張でウエブデザインをしていたが転職するので次の就業まで少し間があると言う事で、同じ団地に住む縁から地主さんを支援する父親に呼び寄せられた娘さんです。 デザイナーだけあって、名前を明朝体...

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR