野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Archive [2013年12月 ] 記事一覧

スモーカー作り

 先日獲った雄鹿は車に乗せるにも苦労したぐらいで、7~80キロはあった大物だったが、知り合いに後足の腿を骨付きで1本あげた他は女房の知人3人にお裾分けしただけで冷凍庫を塞いでいる。女房は正月前だから空けろと言うのだが、鹿肉はイマイチ人気が無いので他人に上げるのは躊躇しているのだ。もみじ鍋にして食べているが、別に硬くなくて美味しいけれど、みんな贅沢になっているからなあ(^_^)  鹿肉はロースト・スモー...

薪ステーション

今日は終日鹿の解体に追われていましたが、そんな中で宅急便の到着です。近頃、薪ストーブに接する機会が多く、我が家にも欲しいと思っておりますが、女房の反対でそれもなりません。しかし憧れは募る一方で、先日、家の中で火を焚くのがダメなら庭で焚けばイイジャンと、鋳鉄カマドを衝動でポチッとしたのが届いたのです。  写真で判る様に組立て式で、アウトドアクッキングには最適ですね。口径が33センチで4升焚きのお釜が...

鹿を殺しても雨が降る

 今日も昨日に続いて朝から小雨が附っていたが、午後には上がったので山へ行く。2日も雨が続いたが、前にイノシシが取れた時も雨の後だったので、何と無く期待してしまう。 1ヶ所目はスカ、2ケ所目も2つはダメだったが、3つ目に近づくと何か大きな物が跳ね回っている。鹿だ!かなり大きな雄鹿が後ろ足をワイヤーに括られていた。まあ鹿なら逃げられる事もあるまいと、そのまま放置して次の場所を見て回るが、残念ながら他の...

罠は難しい

相変わらずイノシシは捕まってくれません。 今日は、新に罠を作り、設置してあった罠が2日目に空打ちをしていました。どうやらイノシシは掛かる罠には直ぐに掛かるが、怪しむと別の道を作ってしまい、何日罠を掛けて置いてもその獣道はもう通らないようです? 空打ちをすると、ビックリしたイノシシは当然にもうソコを通りませんし、警戒心も強くなります。雌イノシシは何匹も子供を連れて行動しますから、親はもちろん子供達も...

空撃

相変わらず、朝の散歩?にイノシシ罠巡りをしていますが、残念ながら成果はありません。しかし、猟師の巻狩りで一旦散ったイノシシが畑周辺の元テリトリーに戻ったのか、チラホラと足跡が見られるようになりました。ただ罠の近辺では気配すらありませんが、1頭を捕獲し、4回も空撃をしていますからグループ行動をして、なおかつ学習能力のあるイノシシはもう罠には近寄らないのかもしれません。 一方、山の方の罠では空撃があっ...

転進

ご無沙汰気味ですが、当然ながら話題がないのですよね(^_^)車庫の塗装は遅遅として進まず、未だ既存のペンキ落としをしているのですが既に剥がした所が錆びてきました(^_^; 罠の方もさっぱりで、空打すらありません。周囲を見渡しても足跡がありませんから、恐らく猟師さんが巻狩をしてイノシシを仕留めたり、犬に追われて逃げてしまってイノシシは罠の近くにはもう居なくなったのでしょう?   畑の周りからイノシシが居なくな...

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR