野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Archive [2013年09月 ] 記事一覧

女神降臨

葛の花茶ができました。昔から酒毒を消すといわれていますが、肝臓に良いのは現代の科学でも証明されており古人の偉大さを知らされます。しかし、その割には普及しておりませんね。飲んでみて解りましたが、あまり美味くない(^_^; ならば他のハーブを加えて飲み易くしたい。前に調べたら、日本人は柑橘系の香りを一番好むとあったので、レモングラスをブレンドしてみたが、今ひとつ弱い感じがする。確かに万人受けはするかもしれ...

名越

 昨日もバイクでご近所探検。田舎道は幅が狭く、途中で切れていたりするので探検には軽めのバイクが一番なのです。でも原付スクターではなく、赤いハンターCT110が欲しい(^_^) 狙いは名越古墳です。能褒野稜の東側400m程にあるとは知っていましたが行った事は有りませんでした。歩いてでも十分に行ける距離なんですが出不精なのもので(^_^;さて、愛車ロシナンテをトコトコと走らせて小道を行くと、それと思しめき所に、...

石物語

今日は朝から適当に田舎道を走らせておりましたが、辺法寺で比較的新しい顕彰碑を見つけました。「義民喜八の碑」とあります。 明和5年(1768)亀山藩は幕府から朝鮮使節団の守山宿接待や富士川浚渫を命ぜられた結果、莫大な借財ができたので、増税をして凌ごうとしましたが、これに反対して亀山領83ヶ村の百姓が一揆を起こしました。 伊船村の真弓長右衛門が書いた蜂起の召集文です。「来る九月十三日、広瀬野に八十三ケ村の...

葛花咲くかや

今日は2度目の葛花採りです。今回は秘密兵器を準備しました。写真左の刃物付き指輪、「桑爪」です。和式刃物好きのアブナイ爺さんなので、桑の葉を摘む道具として知ってはいましたが、実際に見た事はありませんでした。たぶん葛の花を採取するのにも良いだろうとネットでポチッとしましたが、予想に違わず大活躍。前回は剪定鋏で切り取っていたので両手を使いましたが、これを使うと片手で採取できて何かと便利です。 前回採取し...

ハンシレンの収穫

今日は朝からの雨ですが、昨日刈取ったハンシレンの乾燥中です。今は各種薬草・ハーブの取り入れ時期なのですが、ドライフラワーを作る乾燥機を改造した人の背丈ぐらいで丁度冷蔵庫ぐらいの大きさの物ですからフル活動をしても追いつきません。  ハンシレン(半枝蓮)はシソ科タツナミ属の多年草で、漢方で良く使われるオウゴン(黄芩=コガネバナ)を小さくしたような感じです。アルカロイドやフラボノイドを含み、外傷・肝炎・...

葛の花

涼しくなったのに、夏のサボリグ癖が治らないままダラダラと日を送っております。収穫の秋と言う事で、栽培している薬草やハーブも取り入れ頃ですが、昨日は近所で葛の花を採取してきました。そこら一面に生えているあの蔓性の雑草ですね、秋の七草にも数えらており今が季節です。 葛と言えば、葛根湯や葛粉など「根」の利用が多いのですが、今回は花を求めてご近所を徘徊。葛の花は昔から「酒毒(しゅどく)を消す」と言われ、二...

蒸留器の改造

今日は雨が降ったり止んだ李で、畑には出る気が起こらなかったので、かねて懸案だった蒸留装置の改造をする。前回の大型圧力鍋を利用したものは焼酎製造用に作った為に、ハーブの水蒸気蒸留には形状的にやや難があった。 そこでポットスチル?の交換だが、ヤフオクでゲットした(株)オオモリの研究・実験用密閉タンク1010-05の登場である。通販価格:17,359円(税込)だが、中古で小さな傷やヘコミありで4000円プラス送料。こい...

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

08 | 2013/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR