野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Archive [2013年08月 ] 記事一覧

極幸良茶できました

明日から雨と言う事で、昨日はツボクサを刈入れて洗浄し、乾燥機に入れました。42度で24時間乾燥しましたが、未だ乾燥しきってないので、何度も延長し結局は28時間程で何とか乾燥。  早速ツボクサの新茶を淹れてフウフウしながら飲みましたが、殆ど無味無臭です。ブレンドをするにはこのままで良いのですが、単体で飲むにはサッと炒って味と香りを際立たせた方が良いのかもしれません。 ツボクサ茶は脳の活性と利尿、そし...

清洲会議の裏で

すっかりご無沙汰しておりますが、いささか活性が低下している。日中は図書館で借りてきた小説を読み耽り、夕方に涼しくなったら畑へ出かける日々で、暑さと現実から逃避しております。 従前はBOOK・OFFへ行って105円の文庫本を10冊購入しては読み捨てにしておりましたが、2年前に知人が図書館で小説を借りて読んでいる事を知りました。図書館なんて何年も行っておりませんでしたが、行ってみると当たり前ながら、文...

終戦記念日

今日は敗戦記念日と言うわけで、戦争ネタでつ。郷土部隊は久居の33連隊ですが、戦史で名を残しているのは、南京攻略とレイテ島での玉砕でしょうか?うちの親父は3回も応召しており、青年時代は軍隊で過ごしたようなものですね。 支那事変ではどうやら33連隊で出征したようで、南京攻略戦には参加しておりました。問題の虐殺に関しては「多少の略奪はあったかもしれないが、自分の知っている範囲での虐殺は無かった」との事で...

草取り作戦

FB友達より、畑が見たいとリクエストがありましたが、草の山なので夢を壊したくありませんから一応お断りしました。 しかし、誤解をされても困るので、見ていただいても良いようにと朝から畑の草取りです。少しばかり草取りを終えたところをパチリ。何の変哲も無い荒れた畑ですね(^_^) やるからには少し手を入れようかと思います。期間は2週間で、目標は他人に見てもらえる状態にする事。名付けて商一作戦! 捷一号作戦とち...

獣解体用刃物

今日は暑くてちょいと野良仕事に出る気が起こりません。そこで、とらぬ狸の皮算用ならぬ、獲らぬ獣の解体刃物を作る事にしました。 先ずは皮剥包丁です。獲物の喉元をナイフで切り込み、フック状の刃物で皮を切り下げ、皮と脂身の間に入れて突き切り気味に皮を剥いでいく道具です。薄くて幅が広く、直ぐに刃へ脂が付いて絶えず研ぐために刃の焼きは甘くて良いと言われています。そこで古いステンレスの三徳包丁に、マジックペンで...

狩猟免許試験

今日は狩猟試験に行ってきました。確実だし、殆ど無勉だったので、少しは列車で本をひらけようと電車を利用したのですが、乗ったあと、眼鏡を忘れて来たのに気づきました。近眼の老眼だから、日常生活では眼鏡無しなんですね。しゃーない、別に生活には困らないのから試験でも何とかなるだろうと電車でGO。 午前中は筆記試験で、30問。一度だけ問題集を通した際、これなら常識で回答できるとその後は問題集を開かなかったので...

鈴鹿川流域の歴史

所用があって四日市へ行ったのだが、帰りに鈴鹿市歴史博物館へ寄ってきました。15年程前にできた建物で、かねてより一度は行きたいと思っていたのですが、時間だけは十分にある身分になって漸く願いがかなったわけですね。畑の真ん中に馬鹿でかい建物がたっており、実際に中へ入ってみても無駄に大きくてバブルの残滓が漂っています。常設展示場を見ましたが道路工事や住宅開発などに伴う遺跡調査の出土品展示と、伊勢国分寺跡に...

お客様は八百万の神様です。

大阪にある、成分抽出機械を製造販売している会社の方が、アシュワガンダを見たいと態々と当地までお出でになりました。「今年からアシュワガンダの一般販売が出来なくなり、自家消費分しか栽培してないので見てもつまらんよ」と念を押したのですが、話を聞きたいとの事。  お会いすると、機械を売るのに薬草栽培のノウハウを付けて売ろうという事だそうでしたが、草茫々の畑をお見せすると予想に反したようで「ハウス栽培をされ...

朽ちていく山里

久し振りに山の畑に行こうとしたら、亀山市小川町一色の県道11号線、十兵衛坂で前夜の雨で地盤が緩んだらしく、枯れた椎の巨木が道路に倒れこんでおりました。電線や電話線に引っ掛かって掛かり木になっており、県警、県の土木課の職員の立会いのもと、土建屋さんが、チェンソーを振るっておりました。 何の確保もしていませんでしたから、切り倒すのではなく枝を落として、取りあえず下を潜れるようにするだけでしょう? 田舎...

マタタビ

昨日は、3時過ぎより急に思い立ってマタタビの実を採りに行く。マタタビの実はドングリ型とカボチャ型があり、薬用としてはカボチャ型を用いる。これは花の時にマタタビミタマバエという虫が寄生して出来た虫瘤だ。こいつを湯に通して虫を殺し、乾燥させた物を木天蓼(もくてんりょう)と呼び、冷え症、利尿、強心、神経痛、リューマチ等に効果があるとされ、これを漬けたマタタビ酒は滋養強壮に飲用されている。 このマタタビの...

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR