野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Archive [2013年01月 ] 記事一覧

幕末亀山無惨

 今日は久し振りに山の畑に行きましたが、ここへ書くネタにと少し遠回りして写真を撮って来ました。私は見ていませんが、NHKの大河ドラマ『八重の桜』からちょいとばかり幕末人気のようなので、それにあやかろうと言うわけで、我が亀山藩の幕末物語地元でも知っている人は少ないのですが、幕末の亀山藩で活躍した人物に黒田寛一郎と言う人がいます。 幕末の亀山藩は藩主石川総和が嘉永6年(1853)39才で隠居して、前藩主の...

種到着

 すっかりご無沙汰していますが、気温が低いので活性は落ちているものの一応生きてます。しかし、寒い寒いと言いながらも間もなく2月、そしてすぐに春も来るので、相変わらずサボリ半分ですが春の準備に勤しんでいます。 どこに何をどれだけ作るか? 狭い畑でも悩みはあり、また楽しみでもありますね。そんな中で、今日は種が届きました。無理矢理お願いしたIさんからと、別口さんからですが、快く?無理をお聞きいただいたI...

雪中行

今朝の鈴鹿は雪犬は喜び、庭駆け巡るらしいが、爺さんだって明るい雪景色にはどこか心動かされるものがある。かの芭蕉すら「いざ行む雪見にころぶ所まで」と(^_^) ♪雪の進軍氷を踏んでどれが河やら道さえ知れず 気分だけは重いザックを背負い深雪を踏みしめて登った遠い昔の雪山登山、ゴム長靴を履いて雪を蹴散らし近所を散歩 我が家の下にある池に回ると、鴨が泳いでいた。尻尾の方に白いラインカが見えるのでカルガモかな? ...

ヤーコン掘り

 今日は吹く風は冷たいが空は晴れており、比較的気持ちのよい冬の日だ。写真は畑より少し西に行って撮った鈴鹿南部の山々。我が家は貧乏で、流行のコンパクト一眼レフはとても買えずに今も重いオリンパス8080を使い続けており、それにコンバージョンワイドレンズを付けて撮ったもの。右端がいつもの能褒野稜で、中央を横切るのは安楽側右岸堤防、中央の山が野登山。頂上は雪がチラついていて、滋賀県は曇っているようだ。 農作業...

萱刈

 西瓜の下敷きや夏野菜の蒸散防止に藁が欲しい時が良くあるのだが、近頃は農家もコンバインを使うので、藁が無くて困る。川畑1号で周りを見回していて気がついた。目の前にイネ科の植物が一杯あるじゃないか!そう、周りの耕作放棄地にススキが一杯生えているのだ。硬いし、長いが使えない事はないだろう。と、言うわけで今日はススキ=萱=茅を刈った。 そう言えば、辻井喬の小説に『萱刈』と言うのがあったな。頭の悪い私には...

帰農

今日も川畑2号の改良?である。湿気が多いので、周りの溝を深くして、畑の中央を貫く溝を新に掘り、従来は畑の周りを迂回して水下へ流れていた雨水を、直流させる事で滞水をしないようにした。そして中央排水溝に流れ込むように十文字に溝を掘る。写真では右が水上で左が水下。従来は背中側や右手奥にある隣地の水も道路側溝まで流れて、左側へと下っていた。やたらに深い溝を作ると管理機の操作に不便なので、本当はもっと深く掘...

石菖根

 今日は鈴鹿颪が吹きすさぶ寒い一日だったが、日和見主義なので風が弱まるのを待ち、昼過ぎにちょいとだけ改造中の薬草苗場へ行く草を制するには草をもって制せよ、と言う訳で、タマリュウやジャノヒゲなど、緻密に根を張り他を寄せ付けない植物で覆う作戦の実施中だが、今日は、西隣の畑の境にある溝へ、自宅庭の池で育てていた、やはり根が緻密に繁茂する石菖を植えた。石菖はやや日陰の清流に生へ菖蒲を小さくしたような物なの...

草削り

今日は午後から川畑2号地の一角にあるミニ薬草園の草削りをする。前から作ってあったのだが、草が茫々で地主のお婆さんから綺麗にしろと小言を頂いていたのだ(^_^; 今年は少し綺麗にして、他人様にも見て貰えるようにしたいと考えており、住宅地にも近いので散歩の人に楽しんで貰えれば良いと思っているのだが、夏草の攻撃に勝てるかどうか怪しい。 薬草の植えてある小さな区画が40程あり、既に消えているのも多いので補植もし...

お芽出とう

朝起きると外はうっすらと雪化粧をしており、外気温が上がらないのこれがなかなか融けない。軟弱者なので、こんな日に外へ出る元気も無く家に閉じ篭ったまま過ごす。 それでも午後になると寒さが緩んできたので畑へと出かけ、ビニールのトンネルをチェックすると、ステビアが小さな芽をつけているのを発見!冬至芽を付けていたので、保温すれば芽が出てくるのではと期待していたのだが、これを裏切らずにお芽出とうと新年の挨拶を...

鉈起し

詳しくは知らないが、どこかの山里では正月の仕事始めを鉈起しと言うらしい。そこで、山の民の末裔としては古式に則り(^_^)鉈を振って今年の農始めとなった。 庭にあった松の木を切り倒し、庭の築山を崩す。ついに食い詰めて、庭で薩摩芋でも作るのか?良い案ではあるが、戦中戦後では無い(^_^; 今年は薬草やハーブの栽培を増やす計画だが、その為には先ずは育苗施設(そんな大袈裟な物ではないが)を拡充しなければならないそこ...

初詣

あけましておめでとうございます。お正月と言う事で、人並みに初詣へ行ってまいりました。新興団地ですから、どこの氏子と言う意識はありませんが、秋祭りの子供神輿は能褒野神社の神主さんに祈祷してもらうので、たぶん能褒野神社のナワバリと思い、能褒野神社に参ってまいりました。神社はふだん閑散としていますが、正月ばかりはかなりに賑わっております。 ここはヤマトタケルの御陵があるので寄りましたが、そこでは参拝客に...

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR