野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Archive [2012年08月 ] 記事一覧

キャットニップ

 今日は、少しだけ仕事モードで、幾つかの薬草と葉ネギを箱播きする。庭の雑草は相変わらずの放置プレイだが、草の中で紫蘇科の犬薄荷が花を付けていた。植物の名に「イヌ」がつくと「劣る」とか「役に立たない」という意味になるが、これは「薄荷」に似ているけれどスースーとした清涼感を呼ぶ、メントール成分を含まないからと言う。 おもしろい事に、英名ではキャットニップ(catnip)と呼び「猫が噛む草」という意味だ。この...

露草

 暇は十分にあるのだが、生来の無精者なので、雑草が茂って庭は草茫々である。そんな雑草の中に露草を見つけた。植えた訳ではないが、これも一応、薬草で、生薬名を鴨跖草(オウセキソウ)と呼び、葉を乾燥し、解熱、解毒、風邪、利尿などに用いられる。  花は朝に咲いて、昼には萎むので、ツユの様な命の花と言うので露草とか。 今日の百姓一句儚くも 紫誇る 露の草 背景は、アブサンの原料として知られるニガヨモギで、茂...

藪蘭

 昨夜来の雨も上がり、庭に初秋の風が吹くきのうまで気付かなかったが、垣根の下草に植えてあったヤブランが花を付けていた昔は山菅と呼ばれ、万葉集にも14首詠まれているそうで、根が強く複雑に張ってる事から「思い乱れる」や「乱れ恋」など、ワケアリな恋の歌が多いようだ。 この根を乾した物を生薬では大葉麦門冬と呼び、漢方薬に配合されているが、単体で民間薬としても使われ、咳止めや滋養強壮などに効果があると言う。...

金水引

 庭にキンミズヒキが咲いた花ぐらいその名の如く、豪華に咲けよと言いたい程に貧乏な我が家に似つかわしく、パラパラとしみったれた調子で黄色い花を付けているどうやら花にも矜持があるらしい(^_^) 今日の百姓一句やつれしも 金水引や 庭飾り薬草の効果としては全草に利胆、収斂作用があると言う。         薬草・ハーブ 鈴鹿山麓 自然生村...

羅漢果

 羅漢果が蔓を伸ばしている我が家に来て7年経ち、雌雄異株との事で一時は10株程育てたが、結実どころか花を咲かす事もできなかった 羅漢果は中国が植物資源保護で海外持ち出しを禁じているので、種苗の入手が難しいので栽培している所も少ない。 日本では温度と日の長さの関係か、花が咲かないのはうちばかりでなく、某製薬会社の薬草園に苗を販売した折に聞いた話では、日本の植物園では開花の記録が無いそうな 今ではすっ...

日々草

毎日が日曜日になってから、曜日の感覚が薄れるばかりだ。今日は土曜日だったが、いつもと同じで午前中はパソコンを叩き、午後も涼しくなるのを待って畑へでる。草にまみれたニチニチソウの救出だ。 1968年、米国のゴルマン博士がニチニチソウに含まれるアルカロイド化学構造を解明し、抗がん作用があることを発表し、米国の大手製薬会社イーライ・リリー社がニチニチソウを原料にした抗がん薬を発売している。 日本の民間薬とし...

ホップ

 今日の薄暮仕事はミニ薬草園の草取りだ。草に埋もれているので、通路兼溝を刈払機でなぎ倒し、薬草のある部分は手で抜いたり鎌で刈ったりするのだが、草だけと思って草刈払機で薙いだ所に大事にしていた薬草があったりする。  今の薬草園ではシソ科のハーブが小さな花を付けているぐらいで、目だった花は無く、蕾みや、既に実をつけている。 そんな中で支柱に絡みついたホップが緑の松毬(まつかさ)のような実をたくさ付けて...

女郎花「

8月も残り僅かと言えど、陽の光はまだまだ強く、軟弱者の俄百姓は薄暮を待って家を出た。 それを見送るかの様に女郎花が揺れるが、未だ蕾なのでお女郎さんになる前の禿とでも呼んだ方が良いような、黄色の玉を結んでいる。 今日の百姓一句夕陽受け 踊る蕾みや 女郎花 女郎花は秋の七草の一つだが、生薬ではこれの全草を乾燥させたものを敗醤(はいしょう)、根を乾かした物を敗醤根と呼び、花のみを集めたものを黄屈花(おう...

ナツメ

高校野球も明日は決勝となり、オリンピックを挟んだ、夏の興奮も幕となる。我が家の庭も季節の移ろいをみせて、この間芽をだしたと思っていたナツメがしっかりと実をつけ、しかも僅かに赤くなっているのもある。赤く熟すと小さなリンゴのような実になるが、残念ながらリンゴ程にはジューシーではなく、齧るとスカスカした味だ。「しっとりと美味しい」の謳い文句に惹かれて購入した苗だが、やはりナツメでスカスカ感は拭えない。 ...

大深トウキ

少し涼しくなったようなので、いつもより早めに家を出たが、やはり残暑は厳しい畑には遠回りをして向かうと、1軒の家でムクゲに目を惹かれた昔の実家に咲いていたのと同じ花だもう既に両親はなく、ムクゲもいつの間にか無くなっているが、懐かしい思いでが湧いてくる長く咲き続けてみえるが、それぞれの花は1日の命でしかないと父に教わった 今日の百姓一句艶やかに 咲いて夕散る 花木槿 朝に雨が降っていたので土が軟らかく...

初秋の畑

 何時もの如く午前中はネット三昧で過すが、ちょいと気が引けたので庭の草を取る。今の季節の草取りは賽の河原の石積みで、取っても取っても生えてくるのだ。ならば科学の力を見せてくれんと、除草剤を一噴きしたいところだが、誘惑を振り切ってひたすら草を抜く。そんな苦労をいとおしんでくれるのか、庭の隅に咲いていた桔梗の花が揺れた。 今日の百姓一句庭隅で 凛と空向く 桔梗かな 午後は行きつけの喫茶店で粘り、陽が傾...

鈴鹿越

 昨日に続いて山の畑に行くが、少しばかり動いただけで汗まみれになる畑の裏の家では子供が涼しげに水遊びをしている。独り暮らしだったお婆さんが昨年亡くなって普段は空き家なのだが、お盆に孫が戻って曾孫を遊ばせているようだ。 暑いのに無理は禁物と根性なしは早々に退散安楽川を渡る所で車を止めて山を眺めると、緑の景色の中にも所々に黄色が混じり、僅かに秋の色を見せてくれる 今日の百姓一句鈴鹿山 越へ行く雲に 秋...

荒れ畑

今日は久しぶりに山の畑に行く。畑は見るも無残な姿で、草の山だ。苦労して休耕地を使えるように整備したのに、1年間放置すると元の荒地に戻ってしまう。 おまけに至る所でイノシシが穴を空けており、それを埋めるのも大変な仕事になる。秋そばでも作ろうかと思っていたのに見事に当てが外れた。半年掛けて整備し、来春からの利用を期待するしかない。  そんな中で、ツルニンジンが雑草にまみれて蔓を伸ばしている。かなり枯れ...

ヒメウコギ

 今日は季節に背いて挿し木を行う。我が家の庭には幾種類かの薬木が植えてあるのだが、垣根の一部にしているヒメウコギを切って挿し木をした。  ヒメウコギは今では米沢の名物になっているが、上杉鷹山が藩の財政改革を進める中で、漆や楮、桑、紅花などと共に栽培を奨励した名残だと言われている。 米沢の鷹山贔屓にケチを付ける気はないが、葉が食用になり、根は薬となり、枝にトゲを持っていて忍び込むのを防ぐ為に、戦国時...

キササゲ

 木ヘンに春は椿、木に夏は榎、木に冬は柊では木に秋は?楸と書いて「ひさぎ」と読み、キササゲ又はアカメガシワの古名だそうであるが、漢字の本家中国ではトウキササゲを楸と書くようなのでキササゲで良いだろう? 我が家の道路を隔てた前に、このキササゲが1本立っている。 中国原産で、山野に自然に生えているものではなく、亡くなって大分経つが、三重大農学部の教授をされていた方が団地の下に住んでみえて植えられた物で...

ジャスミン

  今日は自宅の庭の草取りや片付けを行う。季節的には良くないが、挿し木をしてみようと思うのだ。今からでは根付いた所で落葉の季節になるので難しいだろうが、春や梅雨の適期にできなかったので、ダメ元で挑戦してみようと思う。 場所を空ける為に、挿し芽をしてあったステビアをポットに移植していると、後ろかな仄かな香り振り向くとジャスミンが花をつけていた。初夏に花をたくさん付けていたはずだが、長々と咲き続けてい...

枸杞

久しぶりにまとまった雨で地も緩み、午後からは草取りに最適な日となった。 畑の垣根にしようと植えたクコから始める。匍匐根でよく茂り、刈り込みにも強くて生垣に良いのだ。クコは丈夫で、肥料も殆ど必要が無く育てるのは簡単なのだが、クコフシダニやウドン粉病がつきやすいので、スミチオンとべンレートなどで消毒しなければならないのが厄介である。 李時珍の著した有名な『本草綱目』では、長寿の妙薬とされているように、...

 季節の移り目のせいか、天候が安定しない畑に出るが、空が怪しくなったので早めに戻る事とした帰り道に脇を見ると、名も知ぬ花が幾つも目に付く。秋を控えて精一杯咲いているのだ。野辺に咲けども花は花、何れもよくみれば可愛い 今日の百姓一句独り行く 道の脇にも 草の花 家に戻り、雨上がりを狙って昨日摘み、朝から水洗いをして水切りをしたままだった、桑の枝を日陰に吊るす季節的には少し遅いが、柔らかい先端だけを選...

アシュワガンダ

 昨夜はサッカーの仇を女子バレーが討つてくれましたね。今朝は気分良く畑にでましたが、草も露にぬれて季節の移ろいを感じます。  今日の百姓一句朝露を 散らして急ぐ 畑道 畑では、アシュワガンダが今を盛りと伸びていました。サプリメントとして有名ですが、野菜としても食べられます。葉の柔らかそうな所を枝ごと切り、油炒めをするのが良いでしょう。ゴーヤと一緒にゴーヤーチャンプルにしても美味しいですね。 アシュ...

スイカ

オリンピックの男子サッカーは残念でしたね。一瞬の隙を突く力には敵ながら天晴れと褒めておきましょう。すべからく戦いにおいて、守戦には組織力が大きな力を示し、攻撃にはそれに加えて英雄を必要とするようだ戦後日本の教育は平等に重きを置いて、英雄や天才が出にくい構造になっているのかもしれない社会のダイナミズムを取り戻す為にも、あらゆる場において 出でよ、英雄、天才達! 寝不足気味の目をこすりながら、畑に行く...

バジル

 涼しくなったのに、暑さを凌ぐサボリ癖は抜けきれずに、オリンピック観戦とパソコン三昧さて、我がサイト鈴鹿山脈 自然生村(http://zinen.web.fc2.com/)であるが、無料のFC2に変えてからサッパリ検索で出てこないさくらで独自ドメインの時は放ったらかしでも、関連文字で検索するとそこそこ上位に出てきたのに、今は深く沈んだままである。検索ロボットは歴史もそれなりに考慮するのだろうか?話題にしてくれたサイトとの縁切...

カモミール

  今の季節には苗があまり売れないのだが、それでも有難いお客様もみえて、発送の為に普段は使わないが、はこBOONを使う時だけ行くコンビニに行くと、陳列ケースなど、店舗備品をトラックに積んでいるではないか。 長年、会社勤めをされた末に開店まで漕ぎ着けられた方の店だけに、倒産ではなくて店舗改装の為であって欲しいと願う。 もっと近いところにヤマトの事務所があるのだが、既に料金をネットで振り込んでいるので...

旱の畑

 CEO対策?が功を奏したかのか、それとも相互リンクの依頼を受けたので取り合えず見ただけか、何れにせよアクセス数は増加した。 たぶん後者の方だろうから、内容を充実すべく今日はホームページの書き換えに励むが、如何せん持っているいる知識が古いので、良い解説書を手に入れなければいけない。 作るソフトもDreamweaverのver8と古いが、この機能さへ使い切る知識はないので、このままで良いだろう。これを始めて購入し...

苦瓜無情

 レンタルサーバーから無料のFC2へ移動したホームページ(鈴鹿山麓 自然生村)のアクセスが一向に上がらないので、旧リンク先に新規URLへの書き換えお願いと新規のリンク依頼。 別件でメールを頂いた方より、新規立ち上げの時には400件のリンク依頼を出したとのお教え頂き、いかに自分が努力をしていないかを知る。 リンクも少し増え、いくつかのランキングにも参加したので、今日は期待しよう(^_^;アクセス増は内容...

干天の慈雨

量は少ないが久しぶりの雨、将に干天の慈雨だできればもう少し降って欲しかったが、欲は言うまい。 今日の百姓一句葉も萎る 日照りに雨の うれしさよ 我が家の入り口脇にある百日紅が雨に洗われて鮮やかだ東京へ単身赴任をしていた折、深川の芭蕉記念館を訪ねたが、そこでは植わっている草木に芭蕉の関連句が表示されていた他の句は忘れたが、百日紅だけは、我が家恋しと覚えたものだ百日紅 先ず二三日は 減らしけりだったと...

粉にすれば保存がきく

今日は日陰に吊るして乾燥してあったドクダミとレモンバームを粉にする普段だと自然乾燥だけではなかなか乾燥をしないので、最後には電気乾燥機で仕上乾燥をしているが、今の季節ならそれをしなくてもパリパリに乾く。これを適当な大きさに切って、写真左の製粉機で微粉末にした。台湾製で、日本では三庄インダストリーが代理店になっており、ハンマークラッシャー NH-34として販売されている。検索すると、椎茸を粉にする動...

大岡寺畷の案内柱

 西の方に行く用事があったので、大岡寺畷を通ってみたが、件の案内柱は今も立っていた(^_-)柱には「からっ風の大岡寺縄手吹きとおし つれもちからも皆座頭なり(桃青ひさご集)」とある。ここに芭蕉の名は無いが、桃青が芭蕉と名乗る前の俳号であると知る人は、芭蕉が詠んだ物であり、ひさご集に載っている物だと思うのが普通だろう。 ひさごは前に書いたように近江蕉門の連句であり、一般的には俳諧七部集(芭蕉七部集)の中...

日暮れ時

 ミネルバの梟は夕日に向かって飛び立ち、なまくら百姓は夕暮れの涼しさを待って野良に出る虎刈りながら川畑2号の草刈を終える。明日からは鎌を使って細かい草取りだ。草にまみれながらもなナスやキュウリにトマトなど、夏野菜は実っており、健気な物である茫茫たる草地を刈払機でなぎ倒す様は、緑肥を刈り取るようだったが、耕作放棄地であるから、積極的に緑肥を栽培して土作りをすべきだと気付く。来年からは生育が早いので緑...

暢気

 今日は台風の影響か、少し涼しかったので午前中に畑へ出る。しかし夏に変わりは無く、体を動かすとすぐに汗だくとなった そんな中で草取りをしていると、草の葉にキラリと光る水の玉この所ずっと雨は無く、土は乾燥しているはずなのに、僅かに吸い上げた水を草が外に出したのだろう? 今日の百姓一句鎌先で汗と競うか草の露 暑さには勝てぬとすぐに退散し、終日ネットと読書のなまくら三昧 >_...

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR