野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Category [狩猟 ] 記事一覧

五頭連山遭難

 今日は朝から雨で、ここ数日畑仕事が続いたので丁度良い骨休めです。  自分で淹れたインスタントのコーヒーを飲みながら新聞を読んでいると新潟県は五頭連山父子遭難の遺体発見記事を見つけました。 ずっと気にしていたのでさっそく5ちゃんねるを見てみると山好きには関心が深かった様で複数のスレが立ち、昨日午後の発見なのに既に11回を重ねるスレもあるのに驚きながらも次々と目を通しておりました。  小学校1年の息...

熊が出た

 朝方、市民のショップねこの館の伊藤幸一氏から電話があって、石水渓で熊が出たとの事である。 私は石水渓の南隣の奥山で罠猟をしていた事から、滋賀県の熊目撃情報をチェックしていたが、滋賀県での熊は殆ど伊吹山麓以北で目撃されており、近頃鈴鹿山系で見たと言う情報がない。 「三重県の話だろ」と言われるかもしれないが、鈴鹿山脈の三重県側は急峻で山が浅いのに対して、滋賀県側がなだらかにせり上がって山懐が深いから...

悔しき幕切

 今日で猟期も終了という事で、罠の引き上げに行きました。 自宅から近い順に上げて行きますが、タケノコを食べにくる猪を狙って近場の竹藪に罠を掛けた「タケヤブカケタ」作戦は見事に失敗して戦果はゼロ(^_^) 今日も竹藪には新しい猪の堀跡が沢山あり、掛かっているかと期待を持って罠に近づきますが、罠の縁を踏んでおり空弾きをしています。「一休さんじゃないけれど端を通らず真ん中を通れよ」と一人ゴチて次の藪に向かい...

山笑う

  猟期もあと2日となって残り少なくなった罠の一部引き上げを行う。 今猟期は奥山に鹿を求めた「猿丸作戦」から、家に近い里山の辺縁へ切り替えて以来、散発的な猟果を得ての終了を迎える。 猟期半ばには実家近くの山ではあまり獣の気配を感じなくなったので、今まで手付かずだった鉄砲猟師が来ない近場を攻めてみたのだが、やはり獣影は山の方が濃い事を学んだ。  どうやら有害獣駆除の成果が上がっているようで?周りの猟...

またもやワイヤー切断で逃亡

 山へ罠をを見回りに行くと、遠目に赤土が盛り上がっており、猪が掛かった様子が伺えます。 注意しながら近寄るとワイヤーがピンと張っているのに静かなので「死んでいるのかな?」と不意に襲われるのを警戒しながらクレーターを覗き込むと・・ワイヤーが木に掛かっているだけで、猪の姿が無い。「逃げられたー」  クレーターが大きく掘られている事から、何日か前に罠へ掛かり、逃げようと動き回っている内に括り金具の角でワ...

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR