fc2ブログ

野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

シール出来たよ!

9300.jpg
9301.jpg
9302.jpg
 今日は、今年は少なかった「夏の日の想い出」(その昔、偶然通りかかった名古屋栄の地下街交差点広場で、ムームーを着た日野てる子が販促キャンペーンで歌っていたなあ 合唱じゃなくて合掌)を思い起こすには十分な暑い一日でした。
 しかし、畑には行った物の、暑い陽を浴びながら青空の下で力一杯鍬を振るう様な、健康な事をする事も無く、写真を撮って直ぐに戻り、日がな一日部屋でパソコンをパコパコしたり、紙を切ったり貼ったりしておりました。

 狙いは写真1の様なセンシンレンの植わっている所で咲いている花を探したのですが、未だ少し早い様でなかなか見つかりません。何とか見つけて2の写真を撮りました。
 そして家に戻って加工して出来たのが写真3の右側で、左側は前回御覧頂いたツボクサのシールの評判が良くなかったので、今日はそれを描き替えて仕上がった物です。

 肝心の中身は未だ出来上がっておりませんが、今日と同じように暑い日が続く様なので、近日中には充填出来る事でしょう?
スポンサーサイト



紫苑の花

9261.jpg
9262.jpg
 やっと秋らしい日が続く様になりました。この好天気を幸いとばかりにセンシレンの日干しをしています。
 うちでは収穫をすると2~3センチに裁断したあと水洗いをしてこの様に天日干しをし、その後に電気乾燥機で仕上げの乾燥をして保存を行い、適時粉末にして小分けし、毎日利用をしています。

 合い間に庭の片付けをしていると、庭隅で雑草に抜きん出て紫苑(シオン)が咲いていました。この花を見ると何故か母親を思い出します。
別に伊藤左千夫でなくても、道脇の草むらにひっそりと咲く野菊の花に田舎の女性をイメージする人は多いのですよね、私にとっては「野菊の如き母なりき」(^_^)

 しかし、似てはいるけれど今頃の野菊はヨメナやノコンギクだと言う。シオンは平安時代かその前に薬草として大陸から日本へ持ち込まれたのだそうです。
 生薬名を紫苑と呼び、根茎を水洗いをした後に日干し乾燥し、鎮咳、去痰、利尿に使用されているとか。
 紫苑も一時野生化したけれど、今では殆ど消えているのだそうです。

 花言葉は「追憶」「君を忘れない」「遠方にある人を思う」とありますが、今昔物語にも「思い草」として登場するそうですから、私がこの花を見て母親を思い出すのは普通の感情と言う事でしょうか。

ここで久しぶりにベタな一句
 薬干す 庭に紫苑の 花高し

野分の跡

9211.jpg
9212.jpg
9213.jpg
 台風一過、昨日は吹き返しが強かったので自宅で台風前に刈り入れたツゴクサを選別・洗浄・乾燥を行っておりまあしたが、今日は風も弱まったので畑に出勤。やはり台風の被害を心配して名古屋からAさんも駆けつけてきました。
 
 風の強い関ですね、被っている麦藁帽子がすぐに飛ばされてしまうので野球帽に替へて畑を見回ると、先ず目に付くのが前回紹介させて頂いた2.5mに徒長したキクイモが見事に全倒している姿です。ここまでくるともはや清々しさすら感じますが、殆ど根元から20センチ程の所で折れており、目的物の根茎は露出していないので、このまま放置しておいても育つ奴は育つでしょう?

 一番心配していたセンシンレンにはそれ程の被害は無く、ところどころで倒れている程度です。それでも一輪車で集めると山と積む程になりましたから、来年はもっと密に植えようと思います。
 
 センシンレンの脇のポンツク生姜は背が高い割には風に強い様で被害は無く、根元のあちこちでは大きなフランクフルトソーセジの様な穂の先に花を付けていました。

 何本かある春ウコンも変化が無いので、木陰に植えた生姜の方へ回ると、思ったより発芽率は良かったのですが、先日の草刈大作戦までは草の中に沈んでいたので育ちが悪く、細い軸が何本か風で倒れていました。それを試しに2株引き抜いてみると根生姜は未だ小さいので、肥料をやって土寄せを行う。もう少しすれば適当に掘っては持ち帰れる様になるでしょう。

 上の段は草の生い茂っている所が沢山残っているので、2号草刈作戦大作戦をしなければなりませんが、収穫も遅れており、ホーリーバジルなどは早く摘まないと花が終わってしまいます。ま、無理せず怠けずでボチボチやるしかあません。

草刈大作戦

9171.jpg
9172.jpg
9173.jpg
9174.jpg
 台風の影響か徐々に風と雨が強まってきいています。

  この嵐が来る前にと言う訳ではありませんが、今日までの3日間で下の段の草刈大作戦を行いました。
 15日はAさんも応援に駆けつけてくれ、刈払機を振り回してくれています。
 
 2枚目の写真はキクイモの高さを見て貰う為に、キクイモの前に立った物です。雨が多かった事で伸びたのは草だけでなく、このキクイモも2m50は超える程の高さです。果たして芋も大きく育っているのだろうか?
 
 無理は止そうと、草刈りは1日3時間程で止めていたので、3日目の今日でなんとか作戦終了。戦果は草に隠れていた南瓜3個と小さなゴーヤがこれも3個。
 
 4枚目の写真は荒れる前の畑の姿で、40mのツボクサの畝が8本あったのですが、狩猟に感けている間に草の山となって全滅。何とかこの冬には復活させたいものです。

ツボクサ入り食品

9131.jpg
9132.jpg
 久し振りに晴れた日が続いています。恐らく当地ではお盆前からの1月振りではないでしょうか?
 これで農作業が捗りそうな物ですが、サボリが身に付いてしまったので、残暑が強いから無理はしないとの理由をつけて、やはり仕事はボチボチです。

 好天気が続いたので、それを待ちかねたかの様に、久しぶりに名古屋からAさんがお土産を持ってやってきました。
 写真1がAさんの知人が焼いたツボクサの粉末入りクッキーです。
 少しツボクサの苦味が残りますが、注意しなければ判らない程度で普通に美味しいクッキーです。未だ改良の余地はありますが、受験勉強の気分転換や美肌を願う女性、ボケ防止のお年寄りなどのオヤツとして良いのではないでしょうか?

 効果が有るかどうかは保証できませんが、どうせ口寂しいと何かを食べるのですから、少しでも期待できる物を食べるのはアリだと思います。
 
 2枚目の写真はAさんが作ったバジルソースならぬ、ツボクサソース。パンやスパゲティに付けてお食べ頂きますが、これは味もイケます。
 作り方はバジルソースのレシピをご覧いただき、バジルの代りにツボクサを使いますが、少しバジルも加えるのがミソですね。味と風味はバジルソースでツボクサの機能を摂取。
 まとめて作り、小袋に幾つも分けて冷凍保存をすれば長期に渡って使えます。

 関心のお有りの方は材料の生ツボクサを綾ケ谷の本家がネット販売をしていますからお試し下さい。
 https://www.tabechoku.com/products/149055

 ツボクサ茶のシールをアップした事で、何人かの方より欲しいとのメールを頂いておりますが、現在その準備をしているものの、天候不順に加えて、あれやこれやと問題も起こって小売りをする時間も気持ちも余裕が無いので対応できず、せっかくのご厚意を裏切ってしまい、誠に申し訳なく思っております。

 このまま良い天気が続けば取入れや乾燥が楽になって、時間の余裕も出来る事でしょうから、何とか口コミ販売までは辿り着こうと考えております。
 もし大量注文があっても対応できるようにと大型乾燥機を自作中と、取らぬ狸の皮算用までしております(^_^)

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

09 | 2022/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR