FC2ブログ

野良爺風伝録

鈴鹿山脈の東麓で、薬草と機能性野菜の栽培に取り組む、気儘なオヤジの世迷言

Entries

この建物の用途は?

tabakoya.jpg
 暑さが峠を越したからか、それとも実った稲穂を狙ってなのか、避暑に出かけていた鹿が里に戻ってきたようで、これまで全く掛からなかったのにようやく鹿が獲れ出しました。
 
 しかし、猟師仲間より銃猟師の中でアイツがまた駆除を始めてようけ獲っとると噂されているので、妨害を避ける為にもネットへの公開はセーブした方が良いと忠告を受けたので控えます(^_^)
 
 そこで、猟への途中で見かけた消へいく歴史建造物?をパチリ。
 写真の右側にある越屋根の建造物で、この越屋根を持つ建物は市内の道野地区とそれに接する下白木地区に限って見かけた様に思いますが?今は殆ど残っていません。
 
 何に使ったのか? 養蚕? イヤ、カイコは全市的に農家の副業で行っていたので限られた地域に残るはずが無い。
 醸造蔵にも似ているし伊勢沢庵の産地だから漬物小屋? 重くて水を使う漬物を2階建ての建物でやる事はないだろう。
 
 そこで考えた末に、前に書いた「消え去った亀山の特産品、煙草」の乾燥小屋ではないかとの思いに至った。
 
 亀山藩の専売事業であった煙草製造は御一新で録を失った藩士の救済事業として民営化され、事業は成功したものの戦費調達の為に国営化されたとは前に書いたが、畑作地での煙草栽培はその後も続けられ、それもやがて大規模栽培に負けて消え去り、建物だけが残ったのではないだろうか?
 
 そうだとすると亀山市にとっては結構貴重な産業史建造物だと思うが、真実や如何?
スポンサーサイト
*CommentList

3頭目はウリ坊

3085.jpg

狂うが如く暑い日が続きますね。
 そんな猛暑の中を畑へ、山へと外出を続ける日々でございます。それでも人の子、正午から4時は避けておりますが、やはり暑い。
 
 今日も早朝から罠を見回ると、大きめのウリ坊が掛かっておりました。
 実は1昨年に有害駆除のメンバーになったのですが、子供は報奨金の対象外だと思っていたので、ウリ坊が掛かると猪を肥育している人にあげたり、ひっそりと始末をしていたところ、昨期が終わってから大小関係なく1頭は1頭だと教えて貰い、それを悔しがっていたものです。
 
 良く見ると猪でも子供は愛嬌があってカワイイですね、見逃してあげたいのは人情なれど田畑を荒らす農家の敵。
 継母、池禅尼の願いを聞いて義朝の子を殺さなかったばかりに平家を滅ぼした清盛の例を引き、妹、お市の願いを跳ねつけて万福丸と万寿丸を殺した信長の如く、「災いの元は断たねばならぬ」と無慈悲にウリ坊の頭を目掛けて棒を振り下ろした。

 爺さん、話が大層だわって? イヤ獲物が小さいので話ぐらいは膨らまさんと(^_^)

何とか2頭目

P8025426.jpg
P8025427.jpg
 7月24日からの有害駆除へ参戦しましたが、月末に1頭、そして昨日は2頭目の戦果を上げる事が出来ました。
 これだけ暑ければ獣だって水が飲みたいだろうし、水浴びもしたいだろうとヌタバへ続く獣道へ罠を掛けたのが功を奏する。
 
 知り合いの業者さんより鹿が足らないとの話で、鹿を狙っていますが気配がありません。奥山の川沿いにも掛けてみましたが鹿の気配がせず、涼しい山上へ避暑にいったのかもしれませんが、そんな所は国定公園なので手を出せないので困ったもの。
 
 三重県では伊勢志摩サミットの料理で県内産の鹿肉を出してから、ホテルのレストランでは鹿肉メニューがあるのだそうですが、この夏は肝心の鹿が獲れないと言う(^_^) 7、8月は鹿が一番美味しい季節なんですけれどね。
 
 バテない程度に頑張ります。みなさんもお気をつけて。

今期初猟果

 7ino2.jpg

7月も最後となりましたが、3月遅れの有害鳥獣駆除で最初の猟果を獲得。
 前に書いた様に許可を貰っても狩猟へのモチベーションが起こらなかったのですが、稲の穂が実って来たのを見ると農耕民の本能からか?獣からそれを守ろうとする意欲が沸いてきたのですね(^_^)
 
 日照り続きながら、大雨の予想される台風が来るとの予報で、「鈴鹿の山に雨が降る日は鹿が死ぬ」の新しき伝説?を信じて、金曜日に久し振りに罠をかけました。台風が去った月曜日に見回るとやはり伝説は違わず、鹿に代わって小型の猪が走り廻っている。
 
仕留めの道具を持っていませんでしたし、何より初の獲物だったので、今期から変わった駆除写真の撮影方法を詳しくしらない。そこでその日は猟師仲間に写真の撮り方を聞くことにして仕留めはお預けとしました。
 
 明けて7月末日、朝露を蹴って猟場へ駆けつけると、猪は逃げもせずに小癪ながら突撃を繰り返して来る。しかし老いたりとは言へ小型の猪では我が敵ではなく、繰り出した槍は一撃目こそ外したものの、2撃目は肩口から心臓へ達して瞬時に骸と化した。
 南無三宝‥‥心ならずも殺生の日が始まりそう
 
 さて、話は違って、某氏に撮影法の教へを請いに行った際に「下庄でJR東海からリニア駅の説明会」との話を聞きました。
 どうやらリニア中央線の亀山駅は下庄になるようですね? 名古屋と大阪の方向には現在の亀山駅は北へ振っているので、実は我が家の少し下にある井田川駅にならないかと密かに期待していたのですが、ちょいと残念(^_^)
 
 鈴鹿山脈を避け布引山地の錫杖ケ岳と経ケ峰の間、芭蕉が「初時雨 猿も小蓑を 欲しげなり」の句を読んだ場所の地下辺りをトンネルが抜けるのではないでしょうか?
 
 亀山は南部丘陵が開発の中心になるでしょうね。亀山と言うより高野尾を中心とした旧芸濃町や次の駅がある一身田など津市北部の恩恵が大きいのではないでしょうか?
 鈴鹿サーキット、鈴鹿スポーツガーデン、サオリーナなどスポーツ施設も比較的近く、全国からの集客も見込めるので大きなイベントも多くなることでしょう。

 何れにせよ生きて見る事は無いでしょうが、思いを馳せる楽しみが一つ増えました。

胡蝶の夢

 夜来の雨で今日は水遣りから解放され、前回雨が降って以来の全休に決定。
 やらなければならない事は山積していますが、朝からパソコンの前でウダウダ過ごしています。
 
 毎日、趣味半分意地半分の農作業に暮れておりましたから、話題は畑しかありませんが、先ずは悲報で、スイカがカラスにやられました。漁網が張ってあったのですが、外側に近いのが突かれています。
 今月初めに3月遅れの有害駆除許可書を貰っても狩猟へのモチベーションが全く上がって来なかったのですが、少し復讐心が湧いてきた(^_^)
 
 嬉しい話題は諦めていたタイ生姜の1種、タイ名プライ、和名ポンツク生姜が発芽してきました。
 ガチャーイ(タイ生姜)、クラチャイダム(黒ウコン)と同じく先月半ば過ぎに発芽点が盛り上がっているのを確認して植えたのですが、このプライだけは芽が出て来なかったのです。7~8個植えたはずですが、2つ芽が出てきました。
  
 先に芽が出ている黒ウコン達は南国育ちのくせに陽射しに弱く葉が白くなってきたので、慌てて遮光ネットを張りました。タイではこれを精力剤や強壮剤に使っているそうですが、今、夏バテで一番欲しい時なのに役に立ちません。
 
 こんな暑さの中で、元気に次から次に花を付けてくれるのがアンチャン(バタフライピー)でしょうか。先日写真の様に支柱に四目垣を組んでみましたが朝顔みたいですね。
 
 アントシアニンが豊富で目の疲れやアンチエイジングに効果があると言われますが、珍しさが薄れるとすぐに飽きられるのではないかと思います? 
 夏痩せどころか水を飲んでも太ると言う女性がかなり見えますから、ステビアで甘味を付け、何かダイエット効果のある薬草とブレンドすると良いと思うのですが、どんなものでしょう?
 
 同じ豆科でクズの花だと色も同じで痩身効果があるとか、あっても微小だとか騒がれましたが、僅かだとしても体脂肪を減らす効果があるのなら面白い。
 どうせ夏は水分を摂るのだから、同じ飲むなら糖分を含まなくても甘く、僅かでも痩せる効果のある水を飲む。美味しく仕上げれば肥満体質の人に売れるだろう。
 
 名をバタフライピーから胡蝶水とするとそれは飛ぶように売れて大金を得、人生を楽しむ夢を見た。ハッと目が覚めて元の自分に戻ったが今が夢の中で、金持ちが本当の姿なのか判らなくなった。姿形は違えども自分は一つであり、運と努力で夢と今を繋げられる。「新胡蝶の夢」(^_^)
suika7.jpg
meme7.jpg
kurtouko7.jpg
kanrei7.jpg
antyan7.jpg
*CommentList

ご案内

プロフィール

野梵

Author:野梵
ようこそ!自然生村のオヤジのブログへ
ホームページはじねんファーム(http://zinen.web.fc2.com/)
リンク欄をクリックして下さい

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

フリーエリア

最新トラックバック

右サイドメニュー

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR